猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

越中おわら@文京区(1)


*ist Ds/smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL(IF)

先週土曜日、東京文京区京華通りにて行われた「越中おわら」の様子です。
越中おわら風の盆」は以前NHKの特集で見ていいなぁと思い一度現地に行ってみたかったんですが、
数日前に告知のポスターで今回の開催を知り、これ幸いとばかりにカメラを持って駆けつけました(^^;
まさかおわらが地元で見られるとは…。でも今回で開催4年目なんですね。

越中八尾 おわら風の盆
↑こちらは本場の公式HP。 祭り本来の情緒を大切にしたいという想いが伝わる解説は読んで感心しました…。
益々本場のを見に行ってみたくなっちゃったな~。

  





詳しくは現地のHPの解説を読んだほうがいいと思いますが、「風の盆」は台風の厄日にあたる時期に豊作を祈ると共に
風災害の無事を願い行われるようになった祭りみたいですね。
踊りの列はゆっくりとした手の所作を繰り返しながら、謡いに合わせて流れるように進んでいきます。






*ist Ds/smc PENTAX-FA J 28-80mm F3.5-5.6 AL









*ist Ds/smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL(IF)

短い通りを端まで踊り歩き、休憩を挟んで再び戻ってきます。




隣りにいた人が「先頭のピンクの着物を着た三人が本場から来た人だ」と話してましたが…
では青い着物の女性たちは東京在住の方々?













狭い通りなので最初は混雑して踊りの列が見えず、謡いはテープで流してるのかと思ってたんですが…
実際に男女の謡い手さんがマイクを使って謡っておられました。三味線と胡弓ももちろん生演奏。




二年前に墨田区向島でおわらが催された時は「風の盆」という名称を使った事に本場からクレームがついたそうですが、
今回も行事名が「越中おわら」とだけなってるのはそのせいもあるでしょうか。(でもここには風の盆と書いてありますね(^^;)
出席してた区長の話によると、ここ京華通りは富山とゆかりが深いらしく、この催しはその縁によるものだそうです。
富山県人婦人会が後援となってるし、お墨付きというか、本場の出張版と考えてもいいんでしょうね、たぶん。
  • ▼Coment Open

    1. 2006/10/10(火) 23:19:14|
    2. 街の風景|
    3. コメント:8|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    青い着物の方は、東京在住富山県人会の方達でしょうか?
    住まいは離れても踊りの上手い方はいますよ。
    現にウチの母は、富山県を離れて40年以上ですが
    「おわら節」とか踊りに目がないですから(^^ゞ
    みけさんの写真を見たら踊り出すかも?です^^
    1. 2006/10/11(水) 19:51:10 |
    2. URL |
    3. のんきち #02yd3Z2E
    4. [ 編集]

    >のんきちさん
    区長の話は全部聞き取れなかったんですが、たぶんそういう方達じゃないかと…。
    のんママさんは富山人でしたか~。そういえば以前拝見したお父様とのツーショット写真の
    お姿には富山県人の質朴な優しさのようなものを感じました。(いやホントにw)
    昔はこういう格好をして踊った事があるかもしれませんね(^^)
    1. 2006/10/11(水) 22:11:13 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2007/09/29(土) 16:10:54 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    こちらこそ感謝

    >鍵コメさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    23区ができたのって戦後だったんですね。文京区も今年で60周年ですか。
    区内に住んでいながら全然意識してませんでした(^^; (こりゃ私も盛り上げなきゃいけませんな)

    こちらの記事がそのように見られていたとは予想だにしていませんでした。
    拙い写真ですけど、載せておいてよかったな~と。非常に嬉しいです。
    現地のものと全く同じなのかどうかわかりませんが、踊りを見て感動したのは久しぶりのことでした。
    こんな身近でおわらが見られて、私のほうこそ主催者の方々には感謝の気持ちでいっぱいですね。
    できればこれからも続けていって欲しい。会長さんに会われたらそのように伝えておいてください。

    越中おわら、今年もやるんですね。10/6…5時からですか。その日は仕事があるんで始まりの頃は
    無理っぽいですね…。 時間があれば終わりのほうだけでも見に行けたらなーと思います。
    1. 2007/09/30(日) 21:43:47 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    御礼

     素晴らしい写真の掲載、ありがとうございます。
    本年、2007年も10月6日午後5時より、
    開催させて頂きます。 
                
    1. 2007/10/02(火) 12:26:49 |
    2. URL |
    3. 京華通りおわら実行委員会 事務局 #-
    4. [ 編集]

    週間予報では

    >事務局の方
    どうもありがとうございますm(_ _)m
    今週末、今のところの予報だと天気はなんとか大丈夫という見込みになってますね。
    開始時刻に晴れていてくれるとよいのですが…。
    1. 2007/10/02(火) 22:10:12 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    初めまして

     地元の者ですが、以後よろしく。
     自宅から車で30分もかからないので、ついつい風の盆を観に行くようになり、結局嵌ってしまいましたが、東京で行われるおわら踊りにも興味を持っています。やはり東京で踊ってもおわらは引っ張りだこですね。他県での「出張版」も同様なのでしょうか?地元の人間が言うのもなんですが、何時の間に「風の盆」が有名になったのか今でも信じられません。でもこの踊りに人々を惹きつける、他の民謡にはない「何か」があることはミーハー(苦笑)の私でも解る気がします。
    1. 2007/10/18(木) 00:12:35 |
    2. URL |
    3. KK #mQop/nM.
    4. [ 編集]

    >KKさん
    どうもはじめまして。
    地元の方ですか~。Webを見る限り、“出張版”はあちらこちらで行われているようですね。
    私は本場のおわらをまだ見た事がないんですが、やはり地元のものは一味も二味も違うんではないかと(^^)
    私は数年前(10年くらい?)のNHKの特集で初めて「風の盆」の存在を知りました。ややマイナー(?)な感もあるのは
    情緒を大切にするという地元の方の配慮からか、あまり誇大に宣伝されなかったというせいもあるのかもしれませんね。
    でも最近読んだ何かの媒体に、今年のおわらを見た作家の方が以前の良さが無くなったと嘆いてる文章がありました。
    観光客の増加で仕方のない面もあるのかもしれませんが…。
    1. 2007/10/18(木) 21:30:55 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/929-a792e1b8
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。