猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

ペンタ中級機への不安

F1.4開放
*ist Ds/Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4 ZS

発売された各種カメラ雑誌を見ると、どの本にもソニーの新デジタル一眼レフ、α100の大特集が組まれてますね。
載せられた作例も素晴らしくて私も正直魅了されたんですが… 併記された撮影データを見るとほとんどがISO100。
日中撮影においては良好な写りが期待できそうなカメラだという事はわかるものの、もっと高感度の写真も載せて欲しかった。
というのは、先日Web上に上がった↓こちらの作例を見て、高感度時の写りのあまりの酷さに衝撃を受けたからです。

【1st Shot】ソニー α100実写画像(デジカメWatch)

ノイズの原因は多画素化したCCDによる所が大きいみたいですが、秋発売のPENTAXの中級デジタル一眼にも同クラスの
CCDが使われるため、ちょっと、いやかなり心配になってきました。
私がデジタル一眼レフを使い始めた時、何に一番感心したかといえばそれは高感度撮影の画像の美しさ。
それまで使ってたFZ20はISO200に上げただけでもかなりノイジーでしたが、*ist DsはISO800でもほぼ問題なく使えてしまう
ので本当に驚きました。 ISO1600以上も非常用として使うなら充分すぎる写り。

私は夕方や日陰では積極的にISO400を使用。ISO800も室内や夜スナップでは頻繁に使います。
上のα100の実写画像見ると、ISO400でも気軽に感度アップする事がためらわれる写りで…。
PENTAXの秋の新型も中級機というからにはその他の機能を充実させてくるでしょうが、高感度の写りが
もしα100の実写サンプルと同程度だとなれば、これは真剣に考えてしまいます…。スルーを決め込んでいた
600万画素機のK100Dのほうが場合によってはいいかもしれない、なんて思い始めたり。



新生PENTAX PEOPLE、昨日になって気付きました(^^;
当ブログも引き続き参加させてもらいたいと思います。
二代目組長様(笑)、そしてメンバーの方々、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

このブログでPPの存在を知ったという方は、是非他のメンバーの方のブログも訪れてみてくださいませ~。
  • ▼Coment Open

    1. 2006/06/21(水) 23:58:06|
    2. カメラ・その他話題|
    3. コメント:6|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    あ~、本当だ。これは酷いですね。
    なんかレンズの描写も気になりますね~。

    私はソニーって事でまず落第ですが、ペンタのはこうであって欲しくないです。
    噂だとコダック製を搭載するとかって話ですが・・・おっと仕事仕事・・
    1. 2006/06/22(木) 13:48:38 |
    2. URL |
    3. まさと #-
    4. [ 編集]

    まあ大人の事情というか太鼓持ち記事なんでしょうね 

    空気嫁と言われるかもしれませんが、やはり雑誌を買う側からすれば
    雑誌に書いてあることがすべて真実なのですから
    というかデジカメ○ォッ○の太鼓持ち記事っぷりも酷いんですけどね。
    深読みして嫌ソニン廚が混じっているのかと邪推してしまったり・・・

    この手の情報は多少工作員や儲が混じっていても2ちゃんとかkakakuあたりを参考にしてます。

    1. 2006/06/22(木) 17:17:19 |
    2. URL |
    3. ぴょん #-
    4. [ 編集]

    とりあえず・・・K1000DにのるCCDはまだこれと決まったわけじゃないですから。。
    でも自分はあんまりノイズ気にしない方なんで、これでもいいかな~とか思ってますよ。

    そうそう、みけさんにお伺いしたかったんですが、ZSのマウントアダプターってやっぱりボディ側につけてますか?
    私はVOLNA9しかネジレンズがないってのもありますが、付け替えが面倒&ゴミが入るのが怖いんでアダプターの板バネはずしてレンズ側につけちゃってます。ただこれをやっているとマウントが痛むという人もいるので、どうしたもんか迷ってます。
    1. 2006/06/22(木) 20:28:44 |
    2. URL |
    3. しなしな #JalddpaA
    4. [ 編集]

    >まさとさん
    こらそこ!仕事中のPC私的使用イカンですよ!(笑)
    単焦点や高性能レンズ使えばもっと…というのはあるでしょうが、それにしてもこれはあんまりじゃないかなぁ、と。
    私は昔は結構ソニー製品信頼してましたが、最近はちょっと…。 私のプレステ2なんかはディスクを全然読み込んで
    くれなくなりました。(使うたびにレンズクリーナ重ねがけしてなんとか検知してくれる)
    もしプレステ3も数年使って同じ目に遭うならあの値段、買うのを躊躇ってしまいます(-_-;)


    >ぴょんさん
    太鼓持ち記事は雰囲気ですぐにわかるし別にいいと思いますけどね~。影響なしです。
    デジカメウ○○チは記事はともかくいろんなケースの作例載せてくれる点は有難いです(^^;
    過去ログ漁ってみたら*ist Dsの時も同じカットで撮ってたんですね、山Q氏。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2004/11/04/382.html
    2ちゃんの関連スレは私もよく見てますが、カカクは最近全然見てませんでした…。
    あそこはレンズの口コミももっと増えてくれると嬉しいんですけどね。(←なら自分もコメントしろって(^^;)


    >しなしなさん
    うーん…これでもOKな範囲ですか。ノイズもただノイズが乗るだけならいいんですが、
    α100のはISO800以上になると像そのものも崩れてきているようでどうも…。
    じつはPlanarZS購入時、マウントアダプターKも専用にひとつ買ったのです。板バネ外してレンズ側に
    付けっぱなしで使おうかと思って。 でも実際にやってみると、すぐにレンズがボディから外れ落ちてしまう
    状態になったので止めました。 これでは危なくてとても使えません(+_+)
    1. 2006/06/22(木) 21:35:00 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    ・・・あらためて見てみると、結構あれですな~>α100@ISO800以上
    でも実際には縮小て見る事が多いからきっと大丈夫(笑)

    ZSはアダプターのレンズ側固定は難しいですか。
    となると擬似Kマウントにするにはレンズ側を加工するしかないんですね。
    となるとやっぱりM42専用ボディが欲しいなぁ。

    そういえばK1000Dは、現在のデジタル一眼レフに出来る事はすべてやるなんていってますから、案外ソニー方式のゴミ対策をとって来るかも・・・・。
    1. 2006/06/23(金) 11:52:44 |
    2. URL |
    3. しなしな #8iCOsRG2
    4. [ 編集]

    その都度ねじこんでます

    >しなしなさん
    ↑の2年前の記事のDsの同カットの作例と見比べると、ISO800以上は圧倒的な差がありますね。
    もうこのまましばらくDsでもいいやーとも思えてきちゃいました(^^;
    性能は中級でCCDが600~800万画素の機種も選択肢としてあるといいな~と思うんですが…。
    (1000万画素機の高感度がダメダメだった時のために(^^;)

    アダプター付けっぱなし、ねじ使いの方は結構やられている方いるみたいなんですが、
    落下は大丈夫なのかなぁと。バネがなくなるとカチッとロックされないんですよね。
    M42専用ボディは私も欲しいんですけど…新品ならBessaflex、中古ならPENTAX SLが気になってます。

    K1000D?は数年前から開発陣のコメントに出てたローパスのコーティング(SPコート)でゴミに対処する
    というのをやってくるでしょうね。 α100のアンチダストは静電気によるゴミの付着がおこりにくい
    コーティングでしたっけ? SPコートならそれよりゴミがつきにくく取れやすいんじゃないでしょうか。
    1. 2006/06/23(金) 22:15:50 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/806-50a95015
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。