猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

独創技術の玉手箱


*ist Ds/smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL (+PL)

日本カメラ博物館で催されている「独創技術の玉手箱~ペンタックス展~」、終了間際になって行ってきました。
目当ての展示物以外にも色々と見ることができて楽しかったです(^-^)

まずは秋発売になる1000画素クラスの中級デジタル一眼にDA21、70mm、そして645デジタルのモデル展示をチェック。
新型DにはSR(手ブレ補正)マークが付いてませんでしたが…この機能はやはり盛り込んでくるんでしょうねぇ。
大きさは*ist Dsともそれほど違わないくらいだし、私には丁度いい大きさに見えた。

他の展示で目を引いたのは歴代ボディ、レンズの試作品群。 PENTAX M 35/1.4は実物を初めて見ましたが、
思ったよりも細身だったんですね。FA18/2.8も同様に割とコンパクトな設計。デジタルで使う事を考えると理想的な
スペックとも言えそうですが、どうしてこれらが幻のレンズになってしまったのか。(採算見込めなかったからかなぁ)
フルサイズデジタル一眼として出る予定だった「K-1」のボディは、EOS5Dなんかに比べるとだいぶ小さい感じ。
これ見ると今ならもっと手頃なサイズ、それこそ*ist Dシリーズより少し大きいくらいのボディでフルサイズデジタルが
出せるんじゃないかな~と思ってしまいます。

エンドレスで流れるPENTAXの歴代CMの映像展示も座って全部観てしまいました(^^;
「曇るなら曇れ!降るなら降れ!」とか、「小次郎は逆光に負けた(SMCタクマー)」とか、PENTAXの歴代CMの文句は
奮ってて面白い(笑) この中で見た事あるのは「ESPIO 115M」のCMくらいだなぁ。川原亜矢子さんのは見た事なかった。

ペンタックス展はあと一日で終了。見たい人は明日が最後のチャンスですね。

  • ▼Coment Open

    1. 2006/06/17(土) 22:05:41|
    2. カメラ・その他話題|
    3. コメント:8|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    明日まで。。。orz
    見に行きたかった。といってもちょっと遠いですけど(^^;)
    文庫本サイズの「往年のペンタックスカメラ図鑑」でガマンします(笑)
    1. 2006/06/17(土) 23:23:32 |
    2. URL |
    3. のんきち #02yd3Z2E
    4. [ 編集]

    私も冬頃行ってきました。FA18/2.8なんてレンズ、私も見て今なら売れそうだと思いました。
    CMは私も全部見ました。見ごたえありましたね。”ペンタックスは外貨獲得に貢献しています”的なCMは、
    日本製カメラが国際的に認められつつあるという時代性が感じられて良かったです。
    1. 2006/06/18(日) 10:04:25 |
    2. URL |
    3. TryTry #LkZag.iM
    4. [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2006/06/18(日) 16:18:13 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    これでお蔵入り?

    >のんきちさん
    今から急いで来ればまだ見られますよ!(笑)
    いやでもこれたぶん他の地域でもやるんじゃないですかねー(…とテキトウな事を言ってみたり(^^;)
    「往年のペンタックスカメラ図鑑」、私もPCの処理待ちの時などパラパラめくって見たりしてます。
    エイ文庫のカメラ本はこの手頃なサイズもいいですよね。


    >TryTryさん
    もしかしたら噂になってる新DFA?で復活するかもしれませんね~>18/2.8
    FA40/2.8なんてのもありましたが、あれもDA40の開発に反映されたんでしょうか。(だからフルサイズOK?)
    当時から海外でも結構売れてたんですかね。近年のではヨーロピアンカメラオブザイヤー受賞を強調してる
    CMも多かったですが、海外での評価は国内よりも高いのかなぁ…。


    >○○○さん
    行かれましたか。今日は最終日で結構混んでたんじゃないですか?
    私も旭光学の歴史は疎かったんで、機材を年代順に並べた展示はわかりやすくて有難かったです。
    あのCM試聴はPENTAXフォーラムでもできればいいな~なんて思ったり。
    他社の展示コーナーではCANONの50mm F0.95なんてレンズもありましたが、玉の太さに驚きました(^^;
    1. 2006/06/18(日) 17:16:28 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    今日までだったんですよね。
    某巨大掲示板の書き込みで気がついたんですが、そのときは既に後の祭でした・・・。
    やっぱり会期が長くていつでもいけるって思っていると行かないもんですなぁ。。。orz
    1. 2006/06/18(日) 20:52:37 |
    2. URL |
    3. しなしな #JalddpaA
    4. [ 編集]

    試作レンズ色々

    >しなしなさん
    かなり長い期間開催してましたよね。
    私も長いから…と思ってて、気付いた時にはギリギリでした(^^;
    その他の幻系レンズではグレーカラーのA☆85、A☆135、Takumar銘の入ったFA43リミオール
    シルバーverとか、F値を抑えて小型化したFA☆80-200/F4(だと思った)なんてのもありました。
    1. 2006/06/19(月) 01:18:11 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    ペンタさんは変人だった(笑)

    自分は始まってすぐの頃に行きました。
    正直言って、ペンタさん変なアイテムばっかり作っていて
    ちょっと頼もしかったです(笑) 好みやわあ~(^^ゞ
    あれだけ面白い試作品が作れるのに、マーケティングと
    ユーザーの声の反映が下手っぴなのがペンタの泣き所なのだと
    つくづく感じた次第です。

    秋に出る予定の新型機はコダックのCCDらしいですね。
    あとは、いいかげん非Aポジレンズの露出計連動を実現して欲しいっす。
    1. 2006/06/20(火) 23:43:12 |
    2. URL |
    3. かぢ #RJRSaA9Q
    4. [ 編集]

    だがそこがいい?(^^;

    >かぢさん
    デジ黎明期の頃のマシンはなどはなかなかキテるものがありましたね(笑)
    マーケティングについては奥手というかヘタなところがまた好きというファンもいるようですが(^^;
    食うか食われるか、残るか消えるかの今のカメラ業界においては流石にハラハラさせられますよね~。

    コダックのCCDという記述、私も気になってカメラ雑誌見てみたんですが、字面みる限りでは
    なんとなく誤植か記述ミスという可能性がなきにしもあらずなような(^^;  CCDは高感度でも
    *ist Dsと同程度の描写をしてくれる物だと嬉しいんですが…。その事については次の記事でも触れます。
    非Aポジ連動、私の使ってるMZ-Mだとできるんですよね。デジタル機に盛り込む事ってできないんですかねぇ。
    1. 2006/06/21(水) 23:46:02 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/799-ee236d3e
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。