猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

“幻の駅”~旧万世橋駅遺構(2)


MX/SMC PENTAX 28mm F3.5/SUPERIA Venus 400 (COOLSCAN V ED)

旧万世橋駅の設計者は東京中央停車場(東京駅)を設計した辰野金吾。
後からできた東京駅は万世橋駅を基にして造られたんだとか。 記録映像では当時の駅周辺の様子を
描いた絵などが出てきましたが、東京駅と同じ赤煉瓦様式でかなり立派な建物だったみたいです。
これはさよならキャンペーンの一つとして催されている神田川沿いの交通博物館外壁のライトアップの様子。

  




*ist Ds/smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(IF)

地上のホーム跡地を見た後は、数分間の自由行動タイム。




来てる人はみな何かしらのカメラを持ってきてるので、フラッシュ焚いたりしながら構内を撮って回ってました。
















博物館内部へと続く結ぶ古びた通路には金属製のアーチが架けられ、異空間の入り口という雰囲気が漂う。




「はやく出て~」と言いたげな係員さんの視線に促されそそくさと遺構を後に(^^;




館内には旧万世橋駅に関する説明書きや展示品もあるので、遺構を見た人はこちらも要チェックですね。

閉館前に貴重な駅跡地を見学することができてよかったです。面白かった。
構内の匂いや雰囲気などは実際に行ってみないとわからないので、是非開館してるうちに一度訪れてみてください。
ちなみに遺構見学は博物館開館日のみの予約制なので、前もって電話予約が必要ですね。

旧万世橋駅遺構特別公開(交通博物館 TRANSPORTATION MUSEUM JAPAN)
  • ▼Coment Open

    1. 2006/02/18(土) 21:53:28|
    2. 街の風景|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:1|
    5. Edit

    コメント

    すごく趣のある駅ですね

    すごく趣のある駅ですね
    大都会の地下にこんなところが残されているなんて驚きです

    あと閉鎖空間の魚眼効果っておもしろいですね
    金属製のアーチの通路なんて宇宙ステーションのチューブ通路みたい

    DA FISH-EYE 面白そうだなぁ(使いこなすのは難しそうだけど・・・)
    1. 2006/02/18(土) 23:11:53 |
    2. URL |
    3. たつ吉 #4WrBZSdc
    4. [ 編集]

    閉館後はどうなるんだろ?

    >たつ吉さん
    いやー私も今回初めて訪れてみてオドロキでした(^^;
    東京の廃駅というと「博物館動物園前駅」は私が訪れた時は既に中に入れなくなってて残念でしたが、
    もしかするとあそこもここの遺構のように、まだ中は往時の状態で遺されているのかも…。

    遺構内部ではおそらく自由に撮ってる時間はあまり無いと思っていたので、
    最も画角が広い魚眼ズームを付けて行ったんですが、正解でした。
    私の場合は「とにかく広~く撮りたい!」という場合に魚眼ズーム使ってるので、使いこなし的には
    そんなに難しいとは感じてません(^^; 望遠側も積極的に使えばとても便利な超広角ズームですよ~。
    1. 2006/02/19(日) 21:32:33 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/706-23c589ab

    特別公開の旧万世橋駅遺構

    今年の5月14日で、神田にある交通博物館が閉館となります。この博物館、実はかつて中央線のターミナルだった万世橋駅の跡地に建っています。そして、現在の中央線が走るアーチ形の高架下には、今も当時の駅遺構が眠っています。中央線の電車に乗っていると、神田~お茶の
    1. 2006/03/10(金) 02:01:28 |
    2. OSM Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。