猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

西からの援軍


*ist Ds/Carl Zeiss Jena DDR MC FLEKTOGON 35mm F2.4

わが独逸光學兵團に初めて“西側”から来た兵士が加わりました(^^)








シュタインハイル クルミナー135mm F4.5 (M42マウント)。 約半世紀前のレンズです。
以前より比較的柔らかめに写る中望遠レンズが何か無いかな~と思ってたんですが、
雑誌でキナー(クヴィナー)の作例と評を見て以来、シュタインハイルのレンズが気になってました。
で、つい先日この出物を見かけたんですが、森○農園さんに並んでる品(Lマウント)を見たら
“ふわっとした - なかなかの写り”とあったんで、ならばと思ってポチッと逝ってしまいました(^^;

状態はジャンク。といってもボディに取り付けた時レンズの上下が逆に来るからというのがその理由で、
撮影上は全く問題なし。 無限遠もちゃんと出るし、絞り、ヘリコイドの動きはすこぶる良好です。




絞り羽根の枚数はテッサー80mmと同じ16枚でほぼ円形絞り。
鏡筒の色と形も似てるし表記も同じ「Made in Germany」、もしかしてスペック的にも近いのかな?
鏡胴の細い部分はM42(タクマー)リアキャップよりも細いという超~スレンダーなボディ。
マウント側から中を覗くとこれもテッサー80mmと同じくレンズ後端より後ろに大きな空間があります。
長い筒の先っちょに3枚か4枚くらいのレンズがついているという感じ(実際何枚構成なんだろう?)

作例のほうは明日アップします(^^;
  • ▼Coment Open

    1. 2006/01/13(金) 23:04:07|
    2. カメラ・その他話題|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    プラチナの輝きと大きさ?が仕事で使う「マイクロスコープ(電子顕微鏡)」の交換レンズみたいに見えます、見た目は。
    どんな映りなのか、楽しみっすね~^^
    1. 2006/01/13(金) 23:56:59 |
    2. URL |
    3. のんきち #02yd3Z2E
    4. [ 編集]

    >のんきちさん
    プラチナ!いい事言ってくれますね~(^^) 私はこれを“リミテッドシルバー”と脳内変換しております(爆)
    電子顕微鏡って見た事ないんですが、こんなに大きなものなんですか?
    この写真だと鏡筒を一番引っ込めた状態で斜めから撮ってますが、*ist Dsにつけて最短近くで使うと
    かなり異様な姿になります(^^;  ファーストショットはこれから上げますね~。
    1. 2006/01/14(土) 09:41:11 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/666-ca5607b1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。