猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

Headlight・Taillight

後楽園
*ist Ds/SMC TAKUMAR 50mm F1.4

  足跡は降る雨と  降る時の中へ消えて
    称える歌は  英雄のために過ぎても   (ヘッドライト・テールライト/中島みゆき)


NHK「プロジェクトX」もいよいよ次回で最終回ですか…。
私は最初の頃は毎回見ててテープにもその都度録画してたんですが、ごく最近はたまに見てたくらい。
というのもフォトログ始めてからは時間的に夜のテレビ番組自体ほとんど見なくなってたので(^^;

演出過剰と思える部分も多々あったけど、物づくり、人づくりの職人達の生きた行動と言葉を映像的に知る事ができる
意味では貴重な番組だったと思います。 打ち切りは表向きには「ネタ切れ」とのことですが、ああいう見せ方の構成では
仕方がないのかな、と。  「その時歴史が動いた」でもそうですけど、ゴールデンタイムにシリーズ物としてあるかどうか、
というのも大きいですかね。 NHKは淡々とした構成のドキュメンタリーでは今まで良い物をいくつも作ってるんですが…
そういうやり方では(この時間帯では)視聴率が取れない、って事になるんでしょうか。

   



銀座
*ist Ds/smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 [IF]

   行く先を照らすのは  まだ咲かぬ見果てぬ夢
    遥か後ろを照らすのは  あどけない夢


今週のマツダロータリーエンジンの開発に携わった技術者達の話は良かったですね~。
RX-8は初めて見た時カッコエエ車やな~と思ったけど、開発の経緯を知って益々魅力的に感じました。
番組の中で開発者が「B計画」=バカになってやる、という話をしてましたが、そのへんはこの番組で今まで
取り上げられてきた他の人達にも通じるものがありますね。 物事への誠実さと飽くなき精進。
先日の偽装建築の問題なんかは、そういう意識からは最も対極にある事例なんじゃないですかねぇ。
モノの作り手にそういう徳がなくなれば、そこから信の関係なんてものは到底生まれてこないわけで。

…っとちょっと脱線しました(^^;
中島みゆきの番組テーマ曲はOPのほうが知名度高そうですが、私はこのED曲のほうが好き。
最終回ではご本人がスタジオでテーマ曲を歌うらしいですけど、こっちも歌ってくれるんでしょうか。
  • ▼Coment Open

    1. 2005/12/17(土) 11:30:28|
    2. 夜景|
    3. コメント:3|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    大好きでした

    閉塞した時代に、働く人たちがかっこよかった話を披露してくれて、どうもありがとう。いい番組だと思っています。
    最終回の前回に、マツダロータリーを持ってきてくれたのも、技術大国日本をあきらめたくない私の気持ちとシンクロナイズしました。
    伏見工業ラグビー部の山口良治氏の講演を番組を見たあとで聞く機会がありましたが、いつの間にか泣きました。泣いているのは私だけではありませんでした。

    新個人主義とか言われる時代ですが、一生懸命やることがかっこいいことなのは変わらないで欲しいなあと思います。儲けりゃいいっていうのが目標の人生はプロジェクトXでは取り上げないでね。
    1. 2005/12/20(火) 10:05:22 |
    2. URL |
    3. ちはや #-
    4. [ 編集]

    追伸

    85mm、いい丸ボケしてますね。

    ところで、自分はHeadlightで走って行く先の闇を照らすことで精一杯ですが、自分のTaillightを頼りにあとから走ってくる誰かの存在を感じるようになってきました。
    社会で中年の役割は大きいですね。中堅層に魅力がないと若者は育たないなと感じています。

    少し遠くを見つめる85mmのような目が、中堅層には不可欠です。
    1. 2005/12/20(火) 10:11:17 |
    2. URL |
    3. ちはや #-
    4. [ 編集]

    最終回

    >ちはやさん
    昔に比べ今は「天職」というのを持つことが極めて難しい時代ですけど、それならそれで今自分が関わっている仕事の
    範囲で一生懸命、知恵と情熱を込めてやればいいと思うんですよね。 それがどのような分野の仕事であっても。
    この番組では自分の達成目標を高く置き、それが成し得なければ満足しないような人物たちが多かったですが、
    そうして生きた人生は、後で振り返った時にその人にとって納得できるものになるんじゃないかなぁ、と。
    今回のマツダのようなモノづくりの分野であれば、そうして産み出されたモノは後になっても光を放ちますからね。
    利益はもちろん大事ですが、それは自分が本当に満足できた仕事の結果、という考えの人が多かったように思います。

    伏見高ラグビー部の回のは見てないんですよねぇ。人物の噂は番組でやる以前にどこかでちょっと聞いた事はありましたけど。
    小林秀雄の話で、本当の意味で知るということは結局その対象と入り込む、徹底的につき合うという以外に無い、みたいな話
    がありましたが、その監督さんもきっとそういう意味での職人さんだったんでしょうね。

    私は…まだかろうじて若者層のほうに入ってますかね(^^;
    中堅層に魅力がないと後が育たないという話、納得です。ウチの上司でも目先の事しか見えてなくて
    バランス感覚も欠如してる人は皆に(内心)相手にされていません。 中堅以降になっていくにつれて
    自利と利他を自然に行えるようになっていくのが理想…ですかね。(実際そんな人はそうそういませんがw)

    FA85mmの点光源ボケはこんだけ距離があればいいんですが…
    この後上げる写真では問題点が露呈しています(^^;
    1. 2005/12/20(火) 22:35:47 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/637-b0172be0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。