猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

長瀞・岩畳の紅葉~(その1)


*ist Ds/smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL(IF) (+C-PL)

JR長瀞駅から歩いて5分、荒川の畔に広がる「岩畳」の上から見た紅葉。
長瀞に来るのは子供の頃二度ほど来て以来久しぶり。 紅葉の季節に来るのは今回が初めてです。

   





駅からつづく人の列について行くと、ほんの少し歩いただけですぐに荒川の川辺へと出ます。




長瀞ライン下りの順番待ちの人たち。
ライン下りは3コースあって、いずれも行きか帰りはバスで出発地点まで送り迎えしてくれます。

…とここでモニタ画像から空と山の間の部分に大きなCCDゴミを発見!
ブロワで吹き飛ばそうとしたもののどうしても取れなかったので、仕方なく携行していた奥の手の「エタノール染ませ綿棒」
でCCDを軽~くひと拭き、すかさずブロワでシュシュッと乾燥。 キレイに取れてくれました。(ホッ)




ライン下りは私も昔来た時に乗りました。 二人の漕ぎ手が景色のガイドも同時に行ってくれます。
今回もできれば乗って船上からの景色も撮りたかったんですが…、そこまで時間無いので見~て~る~だ~け~(笑)




この時は青空が広がっていて、日に照らされた紅葉を撮ると標準設定でも濃厚すぎるくらいの色に。

ここで時計を見たら先のSLが駅を通過する時刻だと気付き、慌てて一旦駅まで逆戻り。




数十分後、再び岩場へと戻って来た時は太陽に雲がかかっており、このように写真の紅葉のコントラストも低下した状態に。




後ろで写真撮ってた年配の方が「今年はダメだな~」と言ってましたが、ここ岩畳の紅葉も“燃えるような”とまではいきませんでした。




「岩畳」は隆起した結晶片岩が文字通り畳の如く連なっている天然の岩場。




人間が上り下りするのにもちょうどよい段差になってます。




太陽が雲間から顔を出すと、紅葉がまたパァ~ッと明るい色に。

岩畳の写真、もうひとつ続きます(^^)

  1. 2005/11/27(日) 21:22:23|
  2. 自然の風景|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/608-67ea434c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。