猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

法務省赤レンガ棟


PENTAX *ist/Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 20mm F4/CENTURIA SUPER 200

東京の赤煉瓦の建物というとまず東京駅が思い浮かびますが、駅から歩いて10~15分ほどの所に
ある法務省旧本館(重要文化財)も見事な赤煉瓦建築です。
1895年明治政府が招聘したドイツ人建築家ヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンによって建てられた
ネオバロック様式が特徴の建物で、関東大震災に遭っても被害を受けなかったという凄い造りです。
(その後の東京大空襲でれんが壁を残して消失。昭和25年に改修)
やはり独逸は建築力も世界一ィィッ!!って感じでしょうか(^^;

先々週に初めて訪れたんですが、門の中に入れるのは平日のみということでその時は門の外からのみ撮影。
次は建物に敬意を表して独逸玉でもう一度!…と思っていたら、nattchanさんに先を越されてしまいました(笑)
一昨日はしばらくぶりの平日休みだったので、私も同じ玉でリベンジしてまいりました。

   




*ist Ds/MC Zenitar-K 16mm F2.8 Fish-eye

これは先々週(5/5)に撮った写真。




門の前にいた二人の警備員以外は…




人も車もほとんど通らないガラガラ状態でした。
まあGWのピークの日だったせいでしょうけど。



PENTAX *ist/Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 20mm F4/CENTURIA SUPER 200

で、ここからは一昨日撮ってきた写真。
オフィス街だけにスーツ姿の人が多数。警備員は建物の周囲のほか、日比谷公園のあたりにも待機していました。
カメラをふたつぶら下げてちょっぴり怪しい私は、警備員の視線を気にしながら門の前へ(^^;
門の中に入れるのは9:30以降、建物内を見物できるのは10:00以降ということで、外から建物を撮りながら15分ほど待つ。




9:30になったら警備員さんに建物の(外からの)撮影許可をもらい、門の中へと。
門の中は車の通る場所が占めているため、端に寄るように指示されました。
建物向かって右端の位置まで移動してパシャリ。




今度は向かって左端の場所からもう一枚。 やっぱり銀塩で使うと20mmはかなりの広角です。

ここで車の誘導をしていた警備員さんの一人が寄って来たので、撮影を止められるのかな?と思ったら、
「それはCanonのカメラですか? あ、PENTAX、へぇ~~っ」とか、「なんで二つも?なるほど、フィルムとデジタルですか」
といった雑談を話しかけてきて、建物の解説なども懇切丁寧に語ってくれました(^^;



*ist Ds/MC Zenitar-K 16mm F2.8 Fish-eye

建物は昭和25年の改修後、1994年(平成6年)に設計図を元に外観が創建当時の姿に復原されたそうです。
この雨どいも創建当初は付いておらず、改修後に新たに設置されたらしいんですが、
建物は最初から外壁などあちこちが斜めになるように設計され、雨が自然に流れ落ちるようにはなっているんだとか。



*ist Ds/smc PENTAX-FA J 75-300mm F4.5-5.8 AL

一部色の違うレンガがはめられていのは、老朽化した箇所をこれも設計図どおりに製造した
赤レンガで後から補修した部分とのこと。



*ist Ds/MC Zenitar-K 16mm F2.8 Fish-eye

一昨日は館内で勲章伝達式が行われるため、先にも言ったように物々しい警備体制が布かれてました。
建物の中に入って展示物を見る事も可能なんですが、来館する正装した叙勲者達に交じって入るのは
はっきり言って場違いに思えたので止めておきました(^^;
ちなみに館内は撮影禁止。カメラを首からぶら下げて入る事も×です。




お勤めご苦労様です!ビシッ( `Д´)ゞ




10:00を回り、来場する叙勲者の乗る車が増えてきたところで建物を後に。

以後日比谷公園→東京駅周辺へと移動してあれこれ撮り歩いてきました。
  • ▼Coment Open

    1. 2005/05/22(日) 11:15:56|
    2. 街の風景|
    3. コメント:8|
    4. トラックバック:2|
    5. Edit

    コメント

    ここもちと撮ってみたいですね。

    こちらの建物まで足を伸ばしたことがありませんでした。
    これは行かねば。
    やはり、フルサイズで20mmはいいですね。
    では、コンデジRICOH GX8にワイコン付けて22㎜で突撃しようかな。
    1. 2005/05/22(日) 17:43:36 |
    2. URL |
    3. starseeker #-
    4. [ 編集]

    フルゴン

    >starseekerさん
    ゴン20mm、開放F値がやや暗いせいか、撮る時周辺減光があるようにも感じたんですが…
    どうやら気のせいだったようです(^^;  デジタルだと換算30mmになって非常に使い勝手のいい
    お散歩風景レンズになるんですが、銀塩だとやはり“超広角”といった趣ですね。
    写りの相性はもしかするとデジよりフィルムのほうがよいかも…また今度銀塩で使ってみます。
    キャプリオ+ワイコンって結構やる人いるみたいですね。たしか昆虫写真家の…海野和男氏でしたっけ?
    どっかの本でその組み合わせオススメしてたような気が。
    1. 2005/05/22(日) 21:01:37 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    やっぱりデジタルじゃないゴン20mmはだいぶ雰囲気違いますね。
    超広角・・・イイ感じです。
    うーん、銀塩カメラも欲しいかも・・・って、たぶん使う頻度は少ないから買わないと思うけど(笑)
    僕は同じ被写体をレンズを変えて撮ることはほとんどしないんですが、こうやって並べて比べられると面白いですね。
    1. 2005/05/22(日) 22:31:54 |
    2. URL |
    3. nattchan #t50BOgd.
    4. [ 編集]

    MZ系のがいいかも

    >nattchanさん
    もし銀塩ボディを買う場合、ネジ使用を前提なら*istは買わないほうがいいと思います(^^;
    プリセット絞りでの絞り優先AEは誤差が半端じゃないので全く使えません。よって私は完全マニュアルモードで撮ってます。

    今回に限ってはウオノメはあまり適役とは言えませんでした(^^;
    建物でもやはりまっすぐ写ったほうがいい場合ありますよね。DA超広角が待ち遠しい…。
    1. 2005/05/23(月) 22:08:15 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    お写真拝見致しました。先日も雨の中でしたが、お仕事で霞ヶ関へお伺い致しました。何時行っても懐かしい思いが致します。特にあの「赤レンガの建物」は忘れられません。36~7年前のアルバイトをしていた学生時代の頃です、良く法務省や最高裁判所へ雑誌の納品や先生方へ原稿を戴きにお伺いした物でした。

    日本の法務を司り時代を切り開かれておられる先生方、それらを支える秘書官や事務官の方々の勇姿も又忘れられません。皆活き活きとし、物も少ない清貧の時代。今もその使命感は変わりません、雰囲気も漂っており、青春時代を思い起こしてくれます。

    地下鉄有楽町線桜田門駅を地上に出た所に、大きな「トチの木」の並木が続きます。傘を広げ空を見上げた時です。ああー懐かしいなー!「トチの実」が沢山鈴なりでした。秋田の田舎・子供の頃、友人達とその実に釘で穴を開け、中身(お餅になる部分)を取り出し今で言うホイッスルの様に口に当て吹き鳴らしたものです。同じ頃、良く食べた「くるみの実」も思い出してしまいました。
    1. 2006/07/20(木) 23:41:51 |
    2. URL |
    3. 工藤 渡 #-
    4. [ 編集]

    赤レンガ棟

    >工藤 渡さん
    日本の役所には「役人道」と呼べるものが確かに生きていた、とちょっと前の本で読みましたが、
    私もつい先日司法関係の省庁に出向いた際、そういうモラルの存在は有難いことだな、と思いました。
    悪用される事もあるけど、基本的に法を司る人というのはやはり正義の味方だと思います。

    トチの実は山へ行った時など食べたりしますが、トチの木がどれかと聞かれるとわかんないですね(^^;
    調べてから桜田門のトチの並木、近くへ行った時に見てみたいと思います(^^)
    1. 2006/07/21(金) 23:52:27 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    こんにちは下田です。

    先日は展覧会有難うございました。
    法務省の赤レンガは東京駅、工芸館、とこの建物、私の好きな建物です。
    神田百景の中でも、この建物は描きました。
     このようナ重要文化財が消えないようにみんなで、守りたいですね。
    この建物も戦火で相当壊れていたそうです。戦争は全てを破壊してしまいます。

     千代田区の平和使節ダ団団員の一人として、「この世が平和でありますように」と活動しています。

     またゆっくりお喋りしたいです。

    下田
    1. 2006/07/22(土) 13:26:06 |
    2. URL |
    3. 下田祐治 #-
    4. [ 編集]

    え?

    >下田祐治さん
    展覧会…?? なんのことやら私にはさっぱりわかりませんが?(^^;
    もしかして他の誰かと勘違いされてますでしょうか。
    上の工藤さんも他の誰かと間違われたのかな?
    1. 2006/07/22(土) 23:12:24 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/297-d4b7fe87

    hibiya-ginza@gon

    今日はFLEKTOGONの日でした。ここのところ数本レンズを持って散漫になってしまいあまり納得のいく写真が撮れず、しばらくレンズ一本だけで出かけることにしました。銀座に言ったついでに、ぶらぶらと日比谷まで言ってみました。東京、銀座、日比谷は古いビルがあちらこちらに
    1. 2005/05/22(日) 17:49:05 |
    2. under world

    法務省旧本館

    霞ヶ関というか警視庁のほぼ目の前にあるブリックな建物。平成に入ってから復元改修工事をしたようなので、それほど古めかしくみえないです。
    1. 2005/05/22(日) 22:38:56 |
    2. 東京パラダイム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。