猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

二つを一つに


K20D/smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL(IF)

ペンタックス、31日付でHOYAと合併(デジカメWatch)

公式HPも衣替えしてますが…本日をもってPENTAX株式会社はHOYAと合併。
今後はHOYA株式会社の「PENTAXイメージング・システム事業部」として運営されていくようですね。
TOB騒動の時は不安を煽る発言や憶測が飛び交ってこの先一体どうなることか…と心配になりましたが、

☆【インタビュー】2008年の戦略を訊く[ペンタックス編](デジカメWatch)

合併後の体制はブランド存続、独立した事業体での運営、発言聞いても思った以上に従来どおりというか、
自由な立場でやらせてもらえるみたいですね。(今のところは…なのかもしれませんが(^^;)
現場の士気も“地盤強化”ととらえたプラス思考で俄然上がっているようで、

「PENTAXとHOYA、一つ一つは単なる火だが、二つ合わせれば炎となる。
炎となった(HOYA)PENTAXは…無敵だ!!」


…と、気持ち的には思いたいところですかね(笑)、今回の合併で。




鳥越氏のインタビュー、節目のたびに出てきますが、やっぱこの人の話好きだなぁ(^^) (畳家氏もw)
K20Dのコンセプトの話を聞いて大いに納得。
使ってまずこれまでのボディと如実に違いを感じるのが、風景を撮ったものをモニタで開いた時。
私もK10Dを一年ちょっと使い込みましたが、その点においてはっきりとした違いを感じます。
もし機材レンタルとかのサービスがあれば、K10Dユーザーの方に是非モニタリングしてもらいたいくらい(^^;
センサーの価格が高いとのことですが、その価格差(以上)の価値があると思います。

645デジタルは私は645判使ったことないけど、写真展の銀塩645写真を見てたら、別にデジタルにしなくても
いいんじゃないかなぁ…と思ってしまいました。もうそれだけで圧倒的なクオリティのシステムとして完成されているし、
これの立場はまだこのままでもいいんじゃないかと。
高すぎるシステムだったら却下、という話も、暫くすればそういう低価格帯で出せる可能性も出てくるかもしれないし、
期が熟すまで“凍結”という今回の判断は賢明だと思いますけどね。
  • ▼Coment Open

    1. 2008/03/31(月) 23:28:36|
    2. カメラ・その他話題|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    去年の後半の沈黙は、どうしたんだと思ってましたが、
    インタビューにある通り、開発はやってたようで、ホッと一息ですね。
    そうでないと、K20Dも出ませんし。
    ブランドって昨日今日ですぐできるもんじゃないですよ。マウントも含めて。
    フォーサーズは善戦してるようですが、レンズラインナップが実に微妙で、面白くないですよねぇ。ズームばっかり。

    カメラマン別冊で、K20Dの裏技が紹介されてました。
    ぜひ見せてください(6Mで撮影するやつ)。
    1. 2008/04/01(火) 20:46:17 |
    2. URL |
    3. Y2 #-
    4. [ 編集]

    >Y2さん
    *ist Ds発売以降のボディでマイナーチェンジを繰り返してた頃と比べると、
    ここんとこの流れは本当に頑張って開発したな~という印象の物が多いですよね。
    今回のK20Dの新センサーももっと色んな弊害が出るものと思ってましたが、カメラメーカーの技術者の創意工夫で
    これだけのものに仕上がった、という感が強いです。インタビュー読むと心意気が伝わってきますね(^^)

    フォーサーズはやっぱり換算焦点距離が二倍になるのが色んな意味で無理を生じてると思います。
    本来安価で大口径が楽しめるはずの標準50/1.4レンズ。相当のズミルクス25/1.4は10万円…。
    APS-Cだったらまだ1.5倍なんで旧50mmレンズ使用でも違和感は少ないですが、100mmでは完全に
    望遠になってしまいますからね…。
    パンケーキでようやくユーザーの求めるゾーンに戻ってきた感じですが、広角寄りの同様にコンパクトで
    比較的明るめのレンズを出せるのか?これから注目ってところですね。

    K20Dオーナーズブック、私も数日前に見て記事にもちょっと書こうと思ってたんですが忘れてました(^^;
    6Mでファインシャープネス+4にして撮ると…という内容ですよね。でもあれ前後関係よく読んでみると
    全ての意味で=最高という表現ではなかったと思います。
    K20Dのナチュラルはパラメータ全て真ん中の位置にもってくると、K10Dで同じ設定にしたより明らかに
    シャープが強めにかかってます。-1の状態でK10Dと同じくらい。なのでデフォはそういう設定になってますね。
    ノーマルシャープもファインシャープネスも、強めにかけると不自然な印象を持ちました。私の場合は。
    +4だといくら線が細くてもやっぱり“やりすぎ”だと思います。文中の説明も他社の同設定との比較しての
    シャープ感、という話だったと思いますが。
    トークライブの時に聞いた別の中の人の話では、ファイルサイズは14Mでも6Mでも使う撮像面は一緒、
    画質は★の数で設定して決まる、むしろ小さいサイズのほうが処理にストレスがかかるということでした。
    なので記事読んで話が違うな~と思いましたが、私の場合は最初からサイズの取り扱いの都合上
    6Mで使い続けてるんで、まぁそれで画質が良いのなら越したことはないや、という感じですけどね(^^;
    1. 2008/04/01(火) 22:29:30 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1414-c353643b
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。