猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

なんの花?


*ist Ds/smc PENTAX-F 35-105mm F4-5.6

久しぶりにFズームを持ち出して路傍の花をパチリと。 なんていう名前の花だろう?





Fズームのテレマクロ機構は面白いです。
ある程度まで手動でピントを合わせないとオートフォーカスが働かないため、
AF設定でも“ズームリングで”ピントを調節、その後AFで合焦させるという仕組み。

オートフォーカス初期の頃のレンズのため、FAレンズと違い駆動する時はガクガクッとなる感触です(^^;
  • ▼Coment Open

    1. 2005/03/12(土) 12:11:44|
    2. 草花|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    草の王

    ケシ科の「クサノオウ」かも
    「草の王」もしくは「草の黄」と書くようです
    また、葉から出る黄色い汁が皮膚病に効くので「瘡の王」と呼ぶ説もあるようです
    ただしこの黄色い汁は非常に毒性が強く、口に入れた場合には酩酊、昏睡、呼吸麻痺になっちゃうそうです><
    1. 2005/03/12(土) 19:23:00 |
    2. URL |
    3. たつ吉 #mQop/nM.
    4. [ 編集]

    ケシ科だけに?

    ググルのイメージ検索やったらいっぱい出てきました。確かにこれっぽいですね!
    皮膚病に効くけど摂取すると毒ですか…。 毒性が強いぶん薬効もある、ということでしょうかね。
    1. 2005/03/12(土) 23:36:11 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/140-662ac1e4
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。