猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

雑司が谷を巡る


OLYMPUS OM-2/MC AUTO UNIPHOT 28mm F2.8/FUJICOLOR 100 (COOLSCAN V ED)

OM-2に28mmレンズ一本つけて、週末に雑司が谷の一帯をぶらぶらと撮り歩いてきました。
借りた広角レンズはレンズ名で検索しても全然HITしない謎の名称の国産(?)レンズ。

この建物は雑司が谷旧宣教師館。明治40年にアメリカ人宣教師のマッケーレブが自らの居宅として
建てた近代木造洋風建築で、都内でも数少ない明治期の宣教師館だそうです。


  





入館は無料。
スリッパを履いて中に入ると、いくつかの小部屋が連なるこじんまりとした造り。各部屋には展示物も飾られてます。




散歩のスタートは一丁目から。二丁目、そして鬼子母神のある三丁目へと進んで行きます。




雑司が谷は坂や丘が多い複雑な地形のため、裏道へと入ると迷路のような路地がいくつもあります。


































鬼子母神参道には樹齢400年を超す巨木が生えてます。




鬼子母神境内。
入り口のところにある都内でもっとも古い駄菓子屋といわれる上川口屋さんは残念ながら休日で閉まってました…。







鬼子母神は安産・子育(こやす)の神様。 由来と歴史-鬼子母神公式HP
多産、豊穣のシンボルであるザクロをあしらった絵馬も可愛らしかったです(^^)
  • ▼Coment Open

    1. 2008/03/04(火) 22:45:24|
    2. 街の風景|
    3. コメント:3|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    こうして、様々な作例を見ているとFUJICOLOR 100ってあまりフィルムっぽい感じがしませんね
    >デジタルですっていわれても違和感がない

    やっぱり銀塩は使うフィルムで特性がかわるのが非常に面白いです。

    1. 2008/03/05(水) 01:37:12 |
    2. URL |
    3. しなしな #mQop/nM.
    4. [ 編集]

    うわぁ、懐かしい!
    以前、雑司ヶ谷に隣接した街に住んでいて、週末にはよく雑司ヶ谷を散歩してました。
    鬼子母神の入口の大木向かいにある、茶と白のツートンの建物、
    もっとくすんだ色をしていたような。戦前建築のようなデザインが好きでした。
    できれば猫も!
    1. 2008/03/05(水) 08:21:31 |
    2. URL |
    3. せん #1Fzg8o1M
    4. [ 編集]

    >しなしなさん
    てっきりスペリア100だと思い込んで買ってしまったFUJICOLOR 100でしたが、発色もニュートラルで
    非常に扱いやすいネガですね。X-TRA400もそうですが、フジの新廉価版ネガフィルムは良いです(^^)
    銀塩だとデジタル(APS-C)ではカットされてたレンズの周辺部の描写、特徴もわかるので楽しいですよ~。
    ポジにはポジの、ネガにはネガの面白さがありますね(o^-')b


    >せんさん
    この近くにお住まいでしたか~。
    隣り町の池袋と比べると落ち着いた風情もあって、お散歩するのにもいいところですね(^^)
    猫も多い町と聞いてたんですが、何故かこの日はほとんど猫に出会えず。
    鬼子母神の境内にも一匹もいませんでした…。
    1. 2008/03/05(水) 20:41:37 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1383-f7ed496c
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。