猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

新旧フィルムコンパクト


Fujifilm FinePix F30 (マクロモード)

今週末にはいよいよK20Dが発売となるので、それを前にしてK10Dを使い込む…予定だったんですが、
なんかここにきてフィルム萌えが急激に高じてしまい…小さいやつを二つほど買うてしまいました(^^;

オリンパス35RCとクラッセW。 銀塩コンパクトではμ-IIを持っていて描写も気に入っているんですが、
借りていたPENを使っていたら小型の金属カメラの質感、操作感が気に入ってしまい、自分も何かひとつ
そういうタイプも欲しいな~と。 具体的に言えば金属、機械式でコンパクトなやつ、それとPENのレンジが
スナップに扱いやすかったのでできれば28mmの物も欲しいなと思いました。








愛称“リチャード”ことオリンパス35RCは1970年製のメカニカルシャッター機。
オリの35シリーズは色々ありますが、サイズとスペックからこの機種を選びました。
ピント合わせは二重像合致式(レンジファインダー)。中央部にうっすらと出る二重像はちっこくて少し見辛いですが…
パンフォーカスタイプやゾーンフォーカスと違い目測でしっかりピント合わせができるのは大きい。
レンズはE.ズイコー42mm F2.8、レンズ前面の向かって左の窓が露出用のダイオード受光部、右がISO感度設定窓。
前にあるダイヤルを回しフィルム感度を手動でセット。ISO800まで対応してるのもこの機種を選んだ理由の一つです。




露出制御はシャッタースピード優先AEとフルマニュアル露出。
レンズ付け根の絞り環をAポジションにして、一眼よろしく上部に設けられたシャッターダイヤルで速度をセットすると、
シャッター半押し時にファインダー内にある絞り表示の適正露出になる位置を針が指し示します。
なので例えばF2.8の位置を指し示した場合、その状態で絞り環を2.8の位置まで持って行けば絞り値固定で適正露出で
撮ることができるわけで、被写界深度も自由にコントロールできます。(まぁ最短が90cmなので接写はあんまできませんが(^^;)




オリ35シリーズの中でマニュアル操作が可能なのはSPとRD、そしてこのRCの三つ。
RDはレアであったとしてもかなり高価なのでSPかRCかという選択になりましたが、SPはRCに比べかなり大柄…。
RCはシリーズの中でも小型で、写真のようにポケットサイズのPENと比較しても大差ない大きさ。
用途としては一眼入れたカメラバッグのインナーボックスの細い所に滑りこませて常用する予定なので、
前方への出っ張りもこれくらいで収まってくれれば許容範囲です。





28mm。クラッセWは前から気になってはいたんですが、K20Dの発売が目前に控えてる事もあり、最初は安価で在庫のあった
同じフジのティアラ(中古)にしようかと思ってました。でもスペック見てくとティアラは露出補正ができない(逆光+2補正のみ)、
電源切るたび発光禁止の再設定をしなくてはならない、アクティブAF(ガラス越しに撮れない)などなどネックになる部分が多く、
この先末永く使い続ける事も考え、思いきってクラッセW、逝ってしまいました(^^;




発光禁止はデフォルトでは電源切ると再設定しなくてはいけない仕様になってますが、カスタムファンクションで
電源OFF時にも設定を保持することができるようになります。




値段の割には…と言われてる外装ですが、持ってみるとそれなりに高級感もあります。
ファインダーは大きさは特に不満無いんですが、パッと覗いた時に視野が欠けて覗き直すという事が何回か。
まぁこのへんは慣れの問題でしょうか。




K10Dとの大きさ比較。




借りてるOM-2、PENと並べた図。
この頃のオリンパスの金属カメラは丁寧に作られていて個性があって、いいですねぇ…。
  • ▼Coment Open

    1. 2008/03/02(日) 22:11:18|
    2. カメラ・その他話題|
    3. コメント:4|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    35RCにクラッセWですか!
    貧乏な私にはどちらも手が出ず、35DCとTIARAIIです。

    ストロボをオフにしておける点では、やはりGR-1が良いですね。
    私はここもケチってGR10なんですけれど。(^^;

    意外な伏兵で、CanonのAutoboy F XLも常時非発光にできて
    なかなか評判がよろしいです。
    めったに転がっていませんが、あれば格安なので、オススメです。

    それにしてもやっぱりCOOLSCANは良いですね。
    私はこれを買うのが先決問題かもしれません。
    1. 2008/03/02(日) 22:57:18 |
    2. URL |
    3. MacBS #-
    4. [ 編集]

    やっとVista対応

    >MacBSさん
    K20D用の資金を切り崩してしまいました(^^;
    今週届く予定のあと二つのブツ(まだ買ったのかよw)、それとK20Dが来たらもうカメラ関連は暫くの間
    完全にスルーしたいですホント…。だからこれ以上新たな魅力的なカメラを紹介しないように!(笑)
    35RC購入決めた時点で、28mmは機構的には対極で現行品であるクラッセWがいいなと決めました。
    その前はGRとか28Tiとか色々検討してたんですけどね…。

    COOLSCAN V、今ニコンのHP見たら昨年末にWindows Vistaに対応してたみたいですね。
    これでようやく崩壊寸前の旧パソじゃなく、このPCでスキャンすることができる…。
    NIKON SCANは使いやすいし、ポジの暗部は完全には読んでくれませんが、画質も満足しています。
    ブローニーも使うならフラベも一考かと思いますが、35mm判メインならオススメですね。
    1. 2008/03/02(日) 23:58:07 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    金属萌え

    OM2といいオリペンといい、持ち主さん、綺麗に使われてますね。
    確かにカメラの金属部分の鈍い光が良い感じです。
    クラッセは、私も気になっていたんですが、先に欲しい物が次から次と出てくる物で(^^)

    >今週届く予定のあと二つのブツ
    何買ったんです?こっちも気になります。まさか、DP1とか逝きました? 
    サンプルを見る限りちょっとコンデジではお目にかかれない画質なので、
    物欲メータが上がってます。

    1. 2008/03/03(月) 01:23:24 |
    2. URL |
    3. TryTry #LkZag.iM
    4. [ 編集]

    >TryTryさん
    ペンのほうはお爺さんの形見代わりの品だそうで…(貸してくれてありがとね(^^)
    金属外装のカメラはソリッドな質感が魅力ですね。冬はヒヤッと冷たいですが(^^;

    あと二つは大したモンじゃないっす(^^;  ひとつは必要に迫られて、ですが…。
    DP1は発表当初はこれはすごいぞと興奮しましたが、今はあまり食指動きません。
    時間をかけて出た機種ですけど、まだ色々な点で不十分なところが多いような気がします。
    もちろん画質は特筆すべきものがあると思いますが…。もし買われたら作例見せてくださいね(^^;
    1. 2008/03/03(月) 23:55:31 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1378-0922bc3f
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。