猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

東京港野鳥公園


Fujifilm FinePix F30

1960年代後半、東京湾の埋め立て地にできた池や原っぱに戻ってくるようになった野鳥たち。
その居場所を守ろうという地元の人達の要請に都が応える形で作られた、東京港野鳥公園。
鳥さん目当てに私も今まで何度か足を運んでいます(^^)

園内東側、淡水池と潮入りの池の間に位置するネイチャーセンター。
空調が効いた室内からは潮入りの池がパノラマで一望できます。


   




KOWA TSN-664/TE-14W/Fujifilm FinePix F30

センターの中に入るとすぐに、常駐していたレンジャーの方が「あそこにオオタカがいますよ」と教えてくれました。
潮入りの池の反対側の岸辺の樹の上で、肉眼で判別するのは難しい距離。
デジスコの望遠端使ってどうにか姿が確認できました。




こちらも教えてもらって存在に気付くことができたノスリ。
同じように向こう岸の樹の上ですが、枝だらけでAFがうまく効かないせいもありボケボケでした…(x_x)。



K10D/RMC Tokina 500mm F8

センターの真下に目を落とすと、干潟の上でエサを探すツグミの姿が。



Fujifilm FinePix F30

潮入りの池には二つの観察小屋が設置されていて、座った状態から鳥たちを観察することができます。



KOWA TSN-664/TE-14W/Fujifilm FinePix F30

せっかくデジスコ持ってきても、めぼしい鳥さんにあまり出会えなかった…。
なんて時でもカワウと、




ウミウはいつも杭の上に居るんで、写真オケラということにはならないのがいいですね(^^;



Fujifilm FinePix F30



K10D/RMC Tokina 500mm F8

一号観察小屋から見た、干潟を歩くイソシギの姿。







細い嘴で、干潟の中からイソメのような生き物を引っ張り出して食べてました。
この鳥も来た時はいつも見かけてましたね。

今は他にも色々な鳥が観察されているみたいなんですが、この日は運が悪かったのかあまり多くの種類には遭遇できず。
大きな道路沿いにあって駐車場駐輪場も完備されているので、来易いという点ではいいんですけどねー、この公園。

  1. 2008/02/14(木) 22:52:21|
  2. デジスコ|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1362-23b3d63d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。