猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

発売まであと○○日


K10D/Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II

アクセスが急増したんでどうしたんだろう?と思ったら、価格コムの掲示板で紹介されてたんですね。(リンクThanksですw)
今日帰りにペンタックススクエアに寄ってきたら、K20DとK200D、新レンズ三本(DA18-55 II、DA☆200、DA☆300)
が手に取って操作できる状態で展示されてました。(DA35リミマクロとDA55-300はまだ無し) トークライブの時に
未確認だった点(K20D)をチェックできたので、リンクから来てくれた人のためにも前記事の補足説明を兼ねて少し。




ファインシャープはトークライブで聞いた話のとおり、Fnボタン→カスタムイメージ→シャープネス選択→
ダイヤル回転→Fシャープネス変更 の手順で選択できました。

ライブビューはカスタムファンクションからAF測距点の表示が可能で、通常の三種類の測距モード(オート・セレクト・スポット)
で選んだものがモニター上にも反映される形。なのでAF中はブラックアウトしてしまうけど、画面を見ながらの
ピント合わせも特に問題なく行えると思います。 その際AFはシャッターボタンではなく背面のAFボタンで作動。
押している間だけ作動するので、長押ししないとブラックアウト後のライブビュー表示にピントが反映されません。
ライブビューの拡大表示は測距点の部分を拡大した形になるので、拡大した場合はAFフレームが消えます。
合焦部分がモニタ全面に写ってるわけで、その場合画面全体でピンを確認すればいいわけですね。
ただAF作動後は等倍表示に戻ってしまうのが難点(-_-;)  そのへんが気になるなら拡大ライブビューでの
マクロ撮影などはMFで行うほうがいいのかもしれません。(MFでは試さなかったけど…)

シャッターユニットに変更が無いことはフォーラムの人に確認しましたが、シャッター音はK10Dのそれに比べ
明らかに軽めの音に変わった感じです。このへんは人によって好みが分かれるところかも。


トークライブの会場にあった高感度作例の比較の一部(ISO800とISO1600)、カスタムイメージ「ナチュラル」と
「雅」の比較作例がフォーラムにも来てました。あとダイナミックレンジ拡大ON/OFFの比較作例はPCに表示する
形で展示されてましたね。 トークライブ行きそびれた(あるいはこれから他地域で行われる回に行けない)人は
展示実機ともども、フォーラムに足を運んでチェックしてみてはいかがでしょうか?(^^)
ちなみにK20Dのパンフレットはフォーラムには明日9日に入ってくる予定、とのことでした。



ところで上のショーケース内の写真はF2.2で撮影。
プラナー50ZSの9枚羽根は大絞りの時も円形に近くなるんで、同じコシナ製のノクトン58mmも期待してたんですが、
プラナーと比べるとほんのちょっぴり、ごくわずかにですが点光源の形がいびつになりました。それでもFA☆85に比べたら
ずっと円に近い形。☆では展示レンズのDA☆200、DA☆300の9枚絞りも同傾向だったのが気になったので…
そのへんのところ、備え付けの(今回の新製品に対する)アンケート用紙に要望として記入しておきました(^^;
アンケートに答えるとPENTAX印のマウスパッド(19cm四方)がもらえますよ~(o^-')b
  • ▼Coment Open

    1. 2008/02/08(金) 23:18:43|
    2. カメラ・その他話題|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    コシレンの絞り

    田中氏のblogでも指摘されていましたが、何故ファインシャープネスの設定はあんなに分かりにくい場所にあるんでしょうねぇ。
    デフォルトにしなかったのは、ファインシャープネスを使うと処理速度が遅くなるからとか読んだような記憶はありますけど。

    ノクトンの絞りですが、コシレンは結構当たり外れが大きめです。
    手持ちではカラヘリは2段目(F5.6)まで綺麗な円形ですが、そのほかの3本(アポラン2本とウルトロン)は結構いびつと言うかおにぎり型だったり。
    1. 2008/02/09(土) 09:55:09 |
    2. URL |
    3. しなしな #mQop/nM.
    4. [ 編集]

    >しなしなさん
    ブログ見ましたが田中氏も絶賛してるようですね、ファインシャープネス。
    私もトークライブの写真比較と説明で「こりゃあ良さそうだぞっ」(笑)と思ったので記事でも注目して
    取り上げましたが、実写での感想を聞いて益々使うのが楽しみになってきました(^-^)
    設定方法はアピール不足ゆえ“隠し”的に思われたのかもしれませんが(私もそう思いましたが)
    ↑に書いたようにFnからすぐに変えられるんで操作上の不都合は特にないかと。
    私は最初からファインシャープデフォの設定にして変えない予定でしたしね(^^)
    トークライブの時に聞いた話にありましたが、K20Dの筐体はK10Dのものを流用してるので新機能も同じ
    ボタン配置に組み込む必要があり、そのへん操作系で色々と齟齬が生じるのは仕方のない部分もあるのかも。
    私の場合はライブビューと光学プレビューの機能を同時に割り振れないというのがちょっと不便…ですかね。
    ファインシャープにすると気になるほどじゃないそうですが、処理は遅くなるとたしか話してました。

    先日ディスタゴン25ZSが初期不良品で別のに交換してもらった時、マップの店員さんがコシナ製レンズは
    以前はこういう事やバラつきは結構あった、と話してましたが… まぁプラナーとノクトンは値段も違うし、
    このくらいは仕方ないのかなぁ、と。 アポランは私の180mmは大絞りからF8くらいまでかなりいい感じで
    円形に近くなってますね。こちらは当たりだったのかしら?(^^;
    1. 2008/02/09(土) 23:30:42 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1355-f3b6c8a3
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。