猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

新春・放鷹術@浜離宮


K100D Super/smc PENTAX-A 200mm F4

日の出を撮った後は浜離宮に寄り、去年に引き続き正月の放鷹術の催しを見てきました。

これはたしか…鷹匠同士の間で鷹を行き来させる技法を披露しているところ(だったと思う)
しかし鷹は行き過ぎてしまい、向こう側にある木の中へと入ってしまいました。
鷹は視界が広いため、広い場所で行うこういう催しではありがちなことだそうです。


 




K100D Super/smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

正月早々でもご覧のようにかなりの数の人が来てました。
前のほうは人がいっぱいで入れなかったので、撮影は背後から背を伸ばしながら。

メインのイベントは向こうに見える向かって右側の電通ビルの屋上からこの広場の鷹匠の下へと
呼び寄せる、ハヤブサの急降下。 午前の部にしかやってないので、去年来た時は見られませんでした。
ケータイのムービーで動画を撮ったんですが…ハヤブサはまっすぐ降りて来ず、しばらく高い上空を旋回、
その後何処かへ行ってしまったようなので途中で撮影中断。そしたらちょっと経ってから広場へと降りてきましたorz



K100D Super/smc PENTAX-A 200mm F4

これはウサギに見立てた疑似餌を会場の子どもが引っぱり、それをもう一人の会場の子が鷹に追わせるところ。

                    

K100D Super/smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

放鷹術の披露が終わったあとは、中に人を入れての撮影タイム。



K100D Super/smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

これは…ベンガルワシミミズク、だったかな?
クルッと顔を向けるたびに女性客に「可愛い」~と言われてました(^^;




メンバーの中では最年少(中学生)の鷹匠という彼の手に止まっているのはハリスホークという種類の鷹。
こちらは大人しい性格の鳥なのか、お客さんたちに触らせてくれました。



K100D Super/smc PENTAX-A 200mm F4

うーん、やっぱり顔つきのほうはなかなか精悍ですね(^^)

  1. 2008/01/03(木) 22:35:59|
  2. 街の風景|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1321-28c8ab64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。