猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

チョウの温室@足立区生物園


K100D Super/Carl Zeiss Distagon T*25mm F2.8 ZS

足立区生物園、その施設内にあるチョウの大温室の写真です。
温室というと今まで植物が並べられた所しか行ったことがありませんでしたが、ここはチョウ専用。
といっても何もないところにチョウだけいるのではなく、樹や草花が植えられ、小さなため池や小川もある
熱帯の環境がある程度再現された場所に無数のチョウたちが放されて飼育されています。

まだデジタルではちゃんと使っていなかったDistagonで、撮れる位置にいる蝶たちに寄り寄りしてみました。


   





温室は1階と2階、両方のフロアーを使った縦にも広い空間となっています。
入ってから数分の間はあまりの湿度の高さに戸惑いました(+_+)
レンズ前面、ファインダー接眼部、液晶モニタがすぐに蒸気で曇り、クロスで拭いても拭いてもまたすぐ曇る。
レンズが曇ると画像にもモヤがかかって使い物にならないため、こりゃ参ったなぁ…と思っていたんですが、
その後場所を移動したらそんなに曇らなくなりました。下のフロアは日が当たり難かったせいかな?




温室のところどころに、こうして花に見立てた繊維が盛られた皿に、チョウの食用の蜜が注がれています。







もちろん人間が用意したものだけでなく、チョウたちは植えられた草花が出す蜜も吸ってます。




ポインセチアって結構蜜出す花だったんですね。
チョウには大人気で、このように互いの種別お構いなしに集まって吸ってました(^^;













小さな草花も最短近くまで寄ってクローズアップ。






K100D Super/MC JUPITER-9 85mm F2

室内にはインコも何羽か放たれていました。




造花なんで当然食べられませんが(^^;




それにしてもすごい色です。







行ったのちょっと遅めだったんで、温室以外の場所はほとんど見てる暇ありませんでした…。
生物園は児童館のような雰囲気の施設で、子ども連れとかじゃないとチト入り難いものがありますね(^^;

  1. 2007/12/23(日) 15:49:59|
  2. 自然の風景|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1314-43bb046d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。