猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

初期不良orz


Bessaflex TM/Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4 ZS/DNP CENTURIA 200 (COOLSCAN V ED)

Distagon 25mm、購入直後にK100D Superに付けてマニュアル絞りで使った時には何も問題はなかったんですが…
Bessaflexとセットで持ち出し、オート絞りで撮り始めてみると、すぐにある異変に気付きました。


 



F8くらいまで絞って風景を一枚撮り、すぐに次の写真を撮ろうとファインダーを覗いてみると…なんか暗い。
レンズを前から見てみると、絞り羽根がF5.6くらいのところで止まったまま。
しかしほどなく元に戻ったので使い始めのちょっとした誤作動かな?と思ったんですが、
次の写真を撮ったあともやはり調子がおかしい。マニュアル絞りに切り替えて動きをチェック、問題なし。
そのまま絞りこんだ状態からオートのほうへ再び切り替えると… 羽根がキチンと戻らない orz

その後は絞りの状態を確認しつつフィルム一本撮り終え、帰ってから何度も空シャッター切って
チェックしてみましたが、動きがやや鈍いという程度ではなく、完全な初期不良品でした。
ツァイスのレンズは各部が正常に動作するかどうかをチェックしたという、確認者のサインまで入った
証明書が箱に同梱されているんですが… うーん、いいかげんなもんですなぁ。

というわけで、昨日仕事帰りにもう一度新宿へ行って別の新品在庫に交換してもらいました。
店員さんに「ツァイスレンズでもこういう事って結構あるんですか?」と尋ねたら、「フォクトレンダーの時は何度か
ありましたが…」との返答。 今回も確かに作ってるのはコシナでも、以前のニュースでツァイスの品質チェックが
厳しすぎて供給が滞ったという例もあったし、品質については(値段なりにも)信用していたんですがね…。

交換してもらったレンズは今日使ってみて、今度は全く問題なく動作しました。
購入後すぐに症状が出たからよかったけど、これが店舗の新品交換期限の二週間過ぎてからだったら、
またメーカーに掛け合ったりと面倒なことになってたんでしょうね、たぶん。やれやれです。

  1. 2007/12/02(日) 23:49:48|
  2. カメラ・その他話題|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1295-fd3ae354
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。