猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

ビデオ雲台


Fujifilm FinePix F10

私の使ってる三脚はベルボンの足の細いやつですが、先日デジスコで使った際に
スコープが途中何度もクイックシューから外れてしまい… これではさすがに厳しい
と思ったので、とりあえず雲台だけデジスコ用に新しい物を調達することにしました。

選んだのはDIGISCO.COMでもプッシュされていたベルボンのFHDシリーズ。
これはビデオ雲台で、普通の雲台と違う点はシューの長さが長いことと、内部に充填された
特殊なグリスの働きにより動きが滑らかなこと、よりロングタイプのシューがオプションとして
用意されていること、などでしょうか。パッケージを見てわかるように、かなりデジスコ用を
意識して作られた製品のようです。今日は休みだったので早速持ち出して使ってみました。





操作に関しては、ティルト・パーンレバーを硬く締めたところからやや緩めた状態にしておくと、
フリクションにより静止した位置でスコープがそのまま止まってくれる… はずなんですが、どうも
うまくいきませんでした(+_+) カメラを望遠にした状態でのフレーミングの微調整はやはりまだ難しい。

ただ一番の問題だった接続に関しては取り付けネジの後ろにある突起がスコープの穴にピッタリと
はまり安定し、今日はどんなに持ち歩いても一度もスコープが外れるということはありませんでした。
バランス的にも前方にズラして使えば特にロングシューは必要ない…かな。
重い望遠ズームをつけた一眼を乗せても使いやすそうな感じ(^^)
あとはいかに操作に慣れるかどうか…ですね。

  1. 2007/03/28(水) 23:30:51|
  2. カメラ・その他話題|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1103-75f1d173
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。