猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

和田堀公園の猫


MZ-M/smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited/FUJI Velvia (COOLSCAN V ED)

このネコ、NHK大河ドラマ「風林火山」に出てくる仲代信虎に目つきがちょっと似てません?(^^;

 「は~る~の~ぶ~」


  





「風林火山」、近年の大河では久々に初回からかかさず観てます。
キャストの配役が面白い!山本勘助役の内野聖陽は先週まで(?)BSで再放送やってた「蝉しぐれ」の
牧文四郎とは全然違うキャラをこれまた上手く演じてますね~。 TVドラマ初出演となる市川亀治郎の信玄も…
イイんじゃないですか~? まだ数話しか進んでないけど、旧大河の中井貴一の信玄よりずっと好印象(^^;
それから板垣“チバシン”信方の渋カッコいいこと!存在感が抜群です。キレのある殺陣シーンも最高。
昨日の「奇襲!海ノ口」は演出も凝っててすごい見応えありました。
また最後も絶妙のタイミングで終わってるし(笑) 来週の放送が楽しみで仕方ありません(^-^)
  • ▼Coment Open

    1. 2007/02/26(月) 23:06:52|
    2. ネコ写真|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    コメント

    うちにテレビがないので「風林火山」を毎回観ること叶いませんが、銭湯でたまに観た感じでは「大河にしては配役が地味」といわれている割には実力派揃いでいい感じに見受けましたね。

    仲代達也はさすがに作り込んだ役作りで観るものを引き込みますね。ちょっとしか観てませんが。

    今回は脚本は誰なのかな?大河は役者・演出も重要ですが、一年の間飽きのこない展開にする脚本もそれ以上に大切なような気がします。


    1. 2007/02/26(月) 23:51:04 |
    2. URL |
    3. てん #-
    4. [ 編集]

    銭湯といえば…

    >てんさん
    私が子どもの頃よく行った銭湯、近所に三軒あったんですが、今は三軒ともなくなってます…。
    うち一軒は入り口に100%“目押し”で当たり(ランプが「当たり」で止まればもう一本)を出せる
    自動販売機があって、風呂あがりに100円で5本ほど買ってたのを思い出します(笑)

    風林火山の配役、ガクトは置いとくとして(笑)人気度優先のタレント起用はしなかったのは正解かと。
    (香取近藤勇やタッキー義経は結局良くなかった印象しかない…)
    http://www.nhk.or.jp/taiga/staff/kyakuhon.html
    脚本は大森寿美男氏、まだだいぶ若いんで驚きました。これまでの回を見る限り期待できそう(^^)
    演出は回によって違う人がやってるみたいですね。
    ちなみに音楽担当の千住明氏はちょっとしたファンです(^^; 「映像の20世紀」見てた時に天才だと思いました。
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/552477
    1. 2007/02/27(火) 22:15:42 |
    2. URL |
    3. みけ #pY.z5wAw
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する


    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://nekonomestill.blog2.fc2.com/tb.php/1074-2b4280d6
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。