猫の目スチル (2004~2008)
こちらは旧館です。現在は新館にて更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. トラックバック(-)|
  5. Edit

明治神宮の花菖蒲


K20D/smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL(IF)

ちょっと今忙しいのと、帰ってからも色々とやってるせいもあり、更新が滞ってしまいました(´Д`;)
また少し前の写真になってしまいますが、明治神宮の花菖蒲です。
明治神宮は去年の秋以来二度目の訪問だけど、御苑の中に入ったのは今回が初めて。
行ったのは6/20ですが、今公式HP見たらこの日が一番花数が多くピークの日だったみたいですね。


  

▼Read More
スポンサーサイト

  1. 2008/07/06(日) 21:04:27|
  2. 自然の風景|
  3. コメント:0|
  4. トラックバック:0|
  5. Edit

鎌倉あじさいめぐり~(7)@明月院


K20D/smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II

鎌倉あじさいシリーズ、最後は鎌倉の“あじさい寺”、明月院の紫陽花です。
境内に足を踏み入れると青、青、青、咲いてる紫陽花の八割方が「明月院ブルー」と称される青い姫アジサイ。
独特のブルーの色合いは清楚でいて深みがあり、じつに爽やかな美しさを湛えていました(^-^)


   

▼Read More
  • ▼Coment Open

    1. 2008/06/27(金) 23:52:32|
    2. 自然の風景|
    3. コメント:6|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    鎌倉あじさいめぐり~(5)@長谷寺


    K20D/smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(IF)

    午前中最後に訪れたのは鎌倉南部方面のあじさいの名所、長谷寺です。
    ここに来るのは…たぶん中学生の遠足の時以来。以前の時のはほとんど記憶に残ってないです(^^;

    境内の散策路のお山の上から見た、斜面に咲く紫陽花と向こうに見える鎌倉市街の様子。
    公式サイトの今日の写真と見比べたら、この時はまだ8分咲きぐらい?ですかね。


        

    ▼Read More

    1. 2008/06/24(火) 23:06:42|
    2. 自然の風景|
    3. コメント:0|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    鎌倉あじさいめぐり~(2)@稲村ヶ崎


    K20D/smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II

    成就院を出た後は、そのまま海岸へ出て稲村ヶ崎までちょこっと足を伸ばしてみました。
    ネットで見た情報では、お天気次第ではこの紫陽花の咲く場所から海の向こうに現れる富士山を同時に拝めるとの事だったんですが… この日は晴れてはいたものの、澄み切った空ではなかったので富士は見えませんでしたorz


     

    ▼Read More
  • ▼Coment Open

    1. 2008/06/21(土) 23:34:17|
    2. 自然の風景|
    3. コメント:4|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit

    鎌倉あじさいめぐり~(1)@成就院


    K20D/smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(IF)

    6月17日、平日休みを利用して鎌倉まで日帰りツーリングに行ってきました。
    目的地は鎌倉市内の主要な紫陽花スポット。一番最初に向かったのは成就院です。
    Webで調べたら一直線の石段の両脇を紫陽花が飾る光景は混雑すると写真に撮りにくそうだったので…
    8時の開門時間に合わせ、まずこのお寺からスタートしようと思ってました。
    途中少々寄り道してしまったので着いたのは8:30頃になってしまいましたけどね(^^;


      

    ▼Read More
  • ▼Coment Open

    1. 2008/06/20(金) 21:26:56|
    2. 自然の風景|
    3. コメント:2|
    4. トラックバック:0|
    5. Edit
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。